MANO-LOG

時間とお金、大事なのはどっち?【時間が何よりも大切】
フリーターが年金を払うのは無理ゲーな話【免除制度or納付猶予制度を推奨】
フリーターの平均年収と実態を解説【貧乏は覚悟】
めんどくさい仕事に直面した時の対処法【松岡修造式で乗り切る】
一人暮らしは何歳から始めるのが最適か?【答え:就職してから数年後】
サラリーマンに向いてない人の4つの特徴【当てはまるなら起業orフリーランスに】
サラリーマンは辛いと感じているのは甘え【サラリーマンは楽チンです:理由も解説】

Wordpressとはてなブログ、どっちがいい?【両方の経験者が答えます】

f:id:manochang:20190918010858j:plain

こんにちは、マノアキラ(@AkiraMano)です。

Wordpressとはてなブログ、どちらも経験しています。

 

先日の僕のツイートです。

ブログ始めて辞めてしまう人が多いですが、原因の一つにWordPressで始めることがあるのかなと思います。

はてなブログなら最初から横の繋がりでブログを見てくれますが、WordPressはマジで孤独です。

モチベーション維持のために初心者ははてなブログの方がいいかと。

そして後から移行でOK。

今回は、上記を深掘りします。

「ブログ始めたいけど、Wordpressとはてなブログどっちがいいの?」

「結局、Wordpressが最強なんでしょ?」

この記事では、こんな疑問を解決します。

 

これからブログを始める人向けに、「Wordpressとはてなブログ、どっちがいい?」というテーマでまとめていきます。

両方を経験した僕の意見を、ぜひ参考にして下さい。

 

Wordpressとはてなブログ、どっちがいい?

f:id:manochang:20190918010925j:plain

Wordpressとはてなブログは、どっちを選ぶのが正解か。

答えは以下です。

  • ブログ完全初心者 → はてなブログ
  • ブログ経験者 → WordPress

ブログをこれから始める人は、はてなブログがおすすめです。

理由は、継続するモチベーションを保てるからです。

 

例えば、Wordpressで始めた場合は以下のようになります。

  • カスタマイズが自由すぎて混乱
  • ブログが誰にも読まれなくて挫折

Wordpressは、初心者には向いていません。

記事を書いても書いても、アクセス数は壊滅状態です。

 

そのため、結局ブログを辞めてしまう人は続出です。

ブログを辞める人の割合は、以下の通りです。

  • 3ヶ月:3割
  • 6ヶ月:5割
  • 1年:7

諸説あるのでこれは一つの例ですが、1年間続かない人がほとんどです。

 

しかし、はてなブログで始めると以下のようになります。

  • 最初からデザインされている
  • はてなブロガーが記事を見に来てくれる
  • はてなスターなどでモチベーションUP

HTMLやCCSなどのコードが全く分からなくても、とりあえずブログがデザインされているので簡単です

 

そして重要なのが、モチベーションを保てるということです

はてなブログは、始めたばかりでも横のつながりでブログを見に来てくれる人がいます。

そして、はてなスターという「見に来たよ!」的な印をつけることができ、それが継続するモチベーションにつながります。

 

ブログを始めるなら、継続することは大切です。

例えば、「ブログで稼ぎたい!」と思ってブログを始めても、収益が発生する前に辞めてしまっている人はたくさんいます。

 

なので、ブログ完全初心者であれば、はてなブログをおすすめします。

 

とはいえ、少し経験がある人ならWordpressがいいと思います。

理由は、次に解説します。

 

結局、Wordpressが最強

f:id:manochang:20190918010939j:plain

ブログ初心者には、はてなブログがおすすめです。

とはいえ、結局のところWordpressが最強です。

理由は以下の通り。

  • カスタマイズが自由
  • SEOに強い

はてなブログで続けていると、「ここをこうしたいのに!」というデザインへの不満が出てきます。

はてなブログはデザインが簡単な反面、自由度に欠けるところがあるからです。 

 

しかし、Wordpressは自由度が高いです。

ブログを続けていくなら、デザインは納得のいくものにしたいところです。

 

そして、ブログをガチりたいにとってはSEOは最重要項目です。

そのSEOの面で、Wordpressは有利です。

というのも、Googleの検索エンジン開発者が「WordPressがSEOに強い」と公言していいるからです。

 

ちなみに、世の中の上位ブロガーもほぼWordpressです。

 

とはいえ、「Wordpressは陸の孤島」と言われるくらい、ブログ始めたてはアクセスがありません。

カスタマイズが自由すぎても大丈夫で、ブログ始めたてにアクセスが全くなくてもOKな人はWordpressでいいと思います。

 

まとめ:後から移行すればOK

f:id:manochang:20190918011328j:plain

Wordpressとはてなブログ、どっちがいい?」というテーマでまとめました。 

繰り返しですが、結論は以下の通りです。

  • ブログ完全初心者 → はてなブログ
  • ブログ経験者 → WordPress

初心者は、はてなブログで始めましょう。

 

「でも、Wordpressが最強なんでしょ?」

と思うかもしれませんが、はてなブログで始めても後からWordpressに移行可能です。

 

はてなブログで始めてモチベーションを高めつつ、検索流入が増えてきたらWordpressに移行する、という感じがいいと思います。

 

ちなみに、僕はWordpressで始めつつ挫折、はてなブログで再出発しました。

その結果、この記事で215記事目です。 

これからブログを始めようと思っている人は、どちらも経験した僕の意見を参考にしてみて下さい。

POINT!
  • 初心者ははてなブログでスタート!
  • 結局はWordpressが最強!
  • 後から移行すればOK!

ということで、僕もそろそろはてなブログからWordpressに移行します。

それでは。

時間をお金で買う方法【お金で時間を買って幸福感UP】

f:id:manochang:20190917142327j:plain

こんにちは、マノアキラ(@AkiraMano)です。

幸せになる方法を模索しています。

「お金はそこそこあるけど、時間がない」

「お金で時間を買う方法があったら知りたい」

この記事では、こんな悩みを解決します。

 

時間がなくて消耗している人向けに、「時間をお金で買う方法」を解説します。

仕事に忙しいビジネスマン、育児や家事に忙しいママさんはお金で時間を買って幸せになりましょう。

 

時間をお金で買う方法

f:id:manochang:20190917143320p:plain

早速ですが、時間をお金で買う方法は大きく分けると以下の2つになります。

  • 移動時間をお金で買う
  • 作業時間をお金で買う

それぞれ解説します。

移動時間をお金で買う

移動時間は、お金で買えます。

具体的には以下のような感じです。

  • 職場の近くに引っ越す
  • タクシーを使う
  • 電車や飛行機で良い席を使う
  • ネットショップを利用する
職場の近くに引っ越す

職場の近くに引っ越すことで、通勤時間を削減できます。

日本人の平均通勤時間は片道58分と、かなりヤバい状況です。

往復で1日2時間ほど通勤に時間を使っていることになり、この時間を削減できれば大きく自分の時間を増やすことができます。

 

1ヶ月に20日勤務とすると、通勤時間は1年で以下のようになります。

 

往復2時間×20日×12ヶ月=480時間

 

1年で20日も通勤に時間を使ってしまっています。

 

もちろん引越しにかかるお金は安くないですが、通勤に年間20日も使っていることを考えると決して高くないように感じます。

タクシーを使う

タクシーを使うことで、移動時間を削減できます。

徒歩で移動すると時間がかかり、体力も消費します。

 

例えば、目的地まで駅から歩いて30分かかるのならば、タクシーを利用して5分で移動しましょう。

時間を削減できるだけでなく、目的地到着後も元気に行動できます。

 

とはいえ、健康のために歩くことも大事ですので、時と場合によります。

電車や飛行機で良い席を使う

電車や飛行機で通常よりも高いお金を払うと、座ってゆったり移動ができます。

座って移動ができると、その時間を有効活用できます。

 

例えば、電車で行ったら「有料着席サービス」、飛行機で行ったら「ビジネスクラス」です。

電車を立ちつつ何もできずに消耗するよりも、読書などして有効に使う方が効率的です。

 

移動時間を削減するだけではなく、移動時間を有効に使うためにもお金を使いましょう。

ネットショップを利用する

ネットショップを利用することで、買い物に行く移動時間を削減できます。

しかも、重い荷物を持つ必要もなく快適です。

 

例えば、日用品はAmazon楽天でほとんどのものは揃います。

食料品も、ネットスーパーを利用すればOKです。

 

実店舗では、「行ってみたら品切れだった」というリスクがありますが、ネットショップにはそれがありません。

買い物に行く30分や1時間を、ネットショップを利用して削減しましょう。

しかも、ネットショップの方が価格が安い場合も多いのでお得です。

ネットスーパーを利用する

イトーヨーカドーのネットスーパー

作業時間をお金で買う

作業時間をお金で買うことで、時間だけでなく労力も削減できます。

例えば、以下の方法です。

  • 人に作業を頼む
  • 時短家電を使う
  • 食事は宅配サービスを利用する
  • 家事代行サービスを利用する
人に仕事を頼む

ビジネス的な面で言えば、仕事を人に頼む方法があります。

仕事を人に頼むと、自分の時間を確保できて他の仕事に使うことができます。

 

例えば、個人でネットビジネスをやっていても、誰でもできるような単純作業がある場合は人に任せた方がいいです。

ランサーズ クラウドワークス などのマッチングサービスを利用して、作業を人に頼みましょう。

 

確保できた時間で新たにビジネスを拡大できれば、効率的に収入は増えていきます

むしろ、ビジネスを大きくするためには、人に作業を頼むことは必須です

時短家電を使う

時短家電を使うことで、家事の時間を削減できます。

共働き家庭や育児に忙しいママさん達には、家事の負担が大きいです。

 

例えば、掃除は「ルンバ」などのお掃除ロボットに頼んだり、食器洗いは食器洗浄器に任すなどすれば、家事の負担は軽減されます。

他にも、洗濯機は乾燥機付き洗濯機を買って、干す時間を削減したりする方法もあります。

科学技術の発展によって世の中は便利になっているので、それを利用しない手はありません。

食事は宅配サービスを利用する

食事は宅配サービスを利用することによって、料理をする時間を削減できます。

宅配サービスを利用すれば、買い物に行く時間も省けます。

 

例えば、疲れて料理する気も起きない時はピザや弁当などの出前を取って、疲れを癒す時間を確保しましょう

 

また、冷凍の宅配弁当を頼んでおけば、時間がない時でもチンするだけですぐに食べれるのでおすすめです。

以下のサービスは管理栄養士がメニューを作っているので、健康面でも安心です

家事代行サービスを利用する

そもそも家事代行サービスを利用すれば、家事の時間は削減できます。

共働きの家庭や、子供が小さい家庭には非常にありがたいサービスです。

 

とはいえ、家事代行サービスはそこまで費用が安くありません。

お金のある方はいいですが、そうでない方は週末など、たまに利用してリフレッシュするために利用するなどの方法がいいと思います。

 

生活から家事がなくなると、かなり負担は軽減されます。

 

時間をお金で買うと幸福感UP

f:id:manochang:20190917143424p:plain

時間をお金で買うと、幸福感UPに繋がります。

自由に使える時間が増えるからです。

 

例えば、以下の2つ。

① お金はあるけど、毎日遅くまで仕事して、帰ったら家族と話さずに寝るだけの生活

② お金はないけど、毎日家族と笑って過ごす生活

極端ですが、「① お金はあるけど、毎日遅くまで仕事して、帰ったら家族と話さずに寝るだけの生活」は幸せではありません。

しかし、「② お金はないけど、毎日家族と笑って過ごす生活」は幸せです。

 

残念なことに、日本では時間よりもお金を大事にする傾向にあります。 

そのため、日本は物資的に裕福と言われつつも、「世界幸福度ランキング」では58位となっています。

(参考:「世界幸福度ランキング」2019年版が発表。日本の順位はどうなった? | ハフポスト

 

日本人は、何が幸せなのかを見失ってる人が多そうです。

何が大事なのかをよく考えて、今後の人生を生きていきましょう。

時間をお金に換えると幸せになれない

f:id:manochang:20190917143523p:plain

ちなみにですが、時間をお金で換えると幸せになりません。 

理由は、以下の通りです。

  • 自分で使える時間が減る
  • 労働の対価が低い

言葉の通り、時間をお金に換えると自分で使える時間が減ります

お金に換えた時間は、人のための時間だからです。

 

記事内で解説しているように、時間が増えると幸福感がUPします。

逆に、時間が減るということは、幸福ではなくなるということです

 

また、時間をお金に換える仕事は、労働の対価が低いです。

少し考えればわかりますが、経営者がなぜ人を雇うかというと、その仕事で稼ぐことのできるお金は人を雇う人件費よりも高いからです。

 

例えば、経営者は2,000円稼げる仕事を人に1,000円で頼んで1,000円も受けるという仕組みです。

つまり、時間を差し出して仕事をすると1,000円分の無駄な労働です。

 

時間をお金に換えると、時間が減って少しの報酬をもらうという状況となります。

逆に、経営者は時間を消費せずに1,000円儲けるという幸せな状況です。

 

自分で使える時間も減って労働の対価も低い、それが時間をお金に換えるということです。

 

まとめ:時間は大切

f:id:manochang:20190917143653p:plain

 「時間をお金で買う方法」について解説しました。

時間がなくて嘆いている人は、ぜひ参考にして下さい。

 

時間をお金で買う方法はたくさんあります。

それは、幸せになるためには必要なことです。

 

もちろんお金がなさすぎるのも問題ですので、自分の財政状況に応じて時間をお金で買っていきましょう。

とはいえ、時間よりもお金を重視しすぎると幸せになれないので注意です。

POINT!
  • 時間はお金で買いましょう!
  • 時間を買うと幸せになります!
  • なるべく時間をお金に変えないように!

この記事が、あなたの人生の幸せに貢献できれば幸いです。

時間とお金、大事なのはどっち?【時間が何よりも大切】

f:id:manochang:20190916111934j:plain

こんにちは、マノアキラ(@AkiraMano)です。

お金よりも時間を大切にしています。

「時間とお金ってどっちが大事?」

「幸せってお金で買えるよね?」

この記事では、こんな疑問を解決します。

 

時間とお金がどちらを大事にするべきか悩んでいる人向けに、「時間とお金、大事なのはどっち?」というテーマでまとめます。

 

時間とお金、大事なのはどっち?

f:id:manochang:20190916111955p:plain

結論、時間の方が大事です。

なぜなら、お金は増やすことができるけど、時間は減っていく一方だからです

 

例えば、寝坊してしまったり、テレビなどで無駄に時間を過ごしてしまった場合、その時間は取り戻すことができません。

しかし、ゲームセンターで無駄にお金を使ってしまったり、お金を落としてしまったとしても、またお金を稼げば取り戻すことができます。

 

ちなみにこの質問を極端に言い換えると、「命と時間、どっちが大事?」ということと同じです。

「命=人生=生きてる時間」だからです。

おそらく、時間よりも命の方が大事と答える方が大半でしょう。 

お金で買える幸せには限界がある

f:id:manochang:20190916112007p:plain

幸せは、お金で買うことができます。

何か欲しいものをお金で買った時、人は幸せを感じるからです。

 

しかし、お金で買える幸せには限界があることがわかっています。

お金で買える幸せは、年収75,000ドル(日本円だと約900万円)を超えると頭打ちになってしまいます

これは、2002年にノーベル経済学賞を受賞したダニエル・カーネマンと、2015年にノーベル経済学賞を受賞したアンデス・ディートンが、2010年に行った研究による結果です。

 

例えば、年収1億円の人と年収900万円の人ではお金に対する幸福度はほぼ同じということになります。

お金で買える幸せは一時的なものであることと、一定の収入を超えるとお金があることに慣れてしまうからです。

 

しかし、お金を使って幸せを最大化する方法はあります。

次に解説します。

 

時間はお金で買える

f:id:manochang:20190916112017p:plain

年収900万円を超えても、さらに幸福度を増やす方法はあります。

それは、お金で時間を買うことです

 

例えば、以下です。

  • 通勤時間削減のため、職場の近くに引っ越す
  • 移動時間削減のため、タクシーを使う
  • 家事の時間削減のため、家事代行サービスを頼む

このように、お金を使って時間を確保することが可能です

 

お金がたくさんない人でも、小さなことで時間を確保できます。

先日の僕のツイートです。

少しのお金をケチって実は損してることってたくさんあります。
お金をケチらないことでお得なことは多いです。

例えば、スーパーで野菜が少し高いからって別のスーパーに買いに行くよりも、もうそこで買っちゃった方がいいです。

10円や20円をケチって、30分とか時間を使うのはもったいないです。

わりと主婦の方で多いですが、10円や20円高いくらいで別の場所に買いに行く人がいます。

これは、時間よりもお金を大事にしてしまっている例です。

時間とお金、どちらが大事なのかを理解していればこのような行動にはなりません。

お金よりも時間を優先して、少し値段が高くてもその場で買ってしまいましょう。

【悲報】日本人は時間よりもお金を大事にする

f:id:manochang:20190916112029p:plain

ここで、残念なお知らせです。

僕たち日本人は時間よりもお金を大事にする、わりとオワコンな国民性です。

 

日本でお金より時間を大事にする 人の割合は、わずか11%です

これは、世界17か国が対象のアンケート調査で明らかになりました。

(参考:「お金と時間どっちが大事?」アンケート調査で判明した意外な事実 - FNN.jpプライムオンライン

 

世界に目を向けると、「お金よりも時間」と答える人の割合が多く、日本の時間に対する考えが軽いものであることがわかります。

 

しかも、50代を超えるとさらに「時間よりもお金」という思考に変わる傾向にあることがわかっています。

歳をとるほど時間への価値は高まりそうな気もしますが、結果として逆のことが起こってしまっているのは残念です。

 

もちろんお金も大事なのはわかりますが、この記事で書いているように時間の方が大事です。

本質を見失わないようにすることが、幸福感を高めるために必要なことです。

 

まとめ:時間が何よりも大切

f:id:manochang:20190916112041p:plain

結論、時間の方が大事です

時間は消費する一方ですが、お金は自分次第でいくらでも増やすことができるからです。

 

しかし、日本人は時間よりもお金を優先してしまう傾向があります。

何が大切なのかを今一度考えてみましょう。

 

時間の大切さを理解できれば行動は変わり、幸福感を高めることができます。

そのためには、お金で時間を買うことも必要です。

 

人生を素敵なものにするために、この記事が参考になれば幸いです。

POINT!
  • お金よりも時間が大事!
  • 時間はお金で買える!
  • 日本人は時間よりもお金を大事にする傾向!

フリーターが年金を払うのは無理ゲーな話【免除制度or納付猶予制度を推奨】

f:id:manochang:20190914233816j:plain

こんにちは、マノアキラ(@AkiraMano)です。

20代はフリーターで一人暮らしをしていましたが、国民年金は毎月払っていました。

「フリーターだけど、年金を払うのがキツい」

「年金って払わないとどうなるの?」

この記事では、こんな悩み・疑問に答えます。

 

フリーターで年金について気になる人向けに、「フリーターが年金を払うのは無理ゲーな話」というテーマで書いていきます。

 

フリーターが年金を払うのは無理ゲー

f:id:manochang:20190914233833p:plain

フリーターが毎月年金を支払うのは無理ゲーです。

完全に不可能ではないですが、かなり生活を圧迫します。

 

なぜなら、フリーターの収入は低いからです

フリーターの収入に関しては、こちらの記事に詳しくまとめてあります。

上記の記事を読むのがめんどくさい方に簡単にネタバレすると、フリーターの月収は平均12.5万円です。

 

ちなみに、年金には以下の3種類があります。

  • 国民年金
  • 厚生年金
  • 共済年金

フリーターが支払うのは、主に国民年金です。

そして、2019年の国民年金は16,410円です。

 

月125,000円の収入から毎月16,410円を国民年金に払うのはかなりキツいですよね。

他にも国民健康保険や、住民税、毎月の生活費もかかります。

 

しかし、生活がキツいからといってそのまま払わず放置しておくのはおすすめできません。

年金を支払わないと、将来貰える年金がなくなるだけではなく、以下のデメリットがあります。

  • 支払いの催促
  • 延滞金発生
  • 差し押さえ

わりとヤバい事態になり、メンタル的にもやられます。

 

頑張って払い続けるのもいいですが、それでは生活に負担がかかりフリーター生活を満喫できません。

フリーターが年金を払い続けるのはかなり無理ゲーですが、対処法はあります。

年金を払うのがキツいなら免除制度or納付猶予制度を利用

f:id:manochang:20190914234100p:plain

フリーターで年金を払うのがキツい場合、免除制度or納付猶予制度を利用できます。

所得額によって、毎月の年金支払金額が軽減されたり、支払を先送りすることができます。

各制度の説明を、日本年金機構のWebページから引用します。 

<保険料免除制度>

所得が少なく本人・世帯主・配偶者の前年所得(1月から6月までに申請される場合は前々年所得)が一定額以下の場合や失業した場合など、国民年金保険料を納めることが経済的に困難な場合は、ご本人から申請書を提出いただき、申請後に承認されると保険料の納付が免除になります。
免除される額は、全額、4分の3、半額、4分の1の4種類があります。

<保険料納付猶予制度>

20歳から50歳未満の方で、本人・配偶者の前年所得(1月から6月までに申請される場合は前々年所得)が一定額以下の場合には、ご本人から申請書を提出いただき、申請後に承認される

と保険料の納付が猶予されます。これを納付猶予制度といいます。
※ 平成28年6月までは30歳未満、平成28年7月以降は50歳未満が納付猶予制度の対象となります。

(引用元:国民年金保険料の免除制度・納付猶予制度|日本年金機構より)

 

基本的に日本国民には年金の支払い義務がありますが、所得の低い場合には無理することはありません

 

しかし注意点として、免除額によって将来貰える年金が少なくなります

「じゃあ頑張って払おう...」

と思うかもしれませんが、後から払えば大丈夫です

10年以内であれば国民年金の追納制度を利用できます。

→ 国民年金保険料の追納制度|日本年金機構

 

年金の支払いがキツい場合は、フリーターとして生活している期間だけ制度を利用し、就職や起業などでお金ができた時にまとめて払えばOKです。

その方がお金のない時も無理することのない効率的な生き方です。

 

フリーターでも社会保険に加入は可能

f:id:manochang:20190914234111p:plain

ちなみに、フリーターでもきちんと年金を払っていきたいという方は、厚生年金などの社会保険に加入することもできます

ある条件をクリアすれば、正社員と同じように社会保険に加入が可能です。

 

社会保険加入の条件は以下の通り。

勤務日数が正社員の3/4以上

または、以下の5つの条件を満たす

① 従業員数501人以上(500人以下の場合は労使で合意がなされている)

② 週20時間以上の労働

③ 月給88000円以上

④ 雇用期間の見込みが1年以上

⑤ 学生ではないこと

全体的にわりと簡単な条件ですが、1番難しいのが「① 従業員数501人以上(500人以下の場合は労使で合意がなされている)」です。

これはアルバイト選びの段階で決まりますので、社会保険に加入希望なのであれば、この条件を満たす職場を選ぶことです。

 

社会保険に加入すれば、会社も保険料を負担してくれますのでかなりお得です

国民年金のみだと、将来貰える年金は月に約65,000円程度です。

少しでも増やしておきたいなら、社会保険に加入できるアルバイトをおすすめします。

将来を考えればフリーターから脱却

f:id:manochang:20190914233920p:plain

とはいえ、フリーターだと人件費削減の対象になりやすく収入も安定しません。

最悪の場合、社会保険加入条件外となる可能性もあります。

 

そもそも収入が少なく、厚生年金の金額も大したことありません。

しかし、国民年金だけではとても生活できる金額ではなくしんどいです。

 

老後のことを考えれば、結局のところフリーターから脱却することをおすすめします

就職や起業、フリーランスなど様々ですが、フリーターは一時的なものにしておくことです。

 

就職を考えているなら、30歳までに考えておきましょう。

理由は以下の記事で詳しくまとめています。

フリーターから就職をサポートする転職エージェントはたくさんありますので、就職を考えている人は利用することをおすすめします。

以下に転職エージェントのリンクを貼っておきますので参考に。

それでもフリーターにこだわる人がいるかもしれませんが、一生フリーターだとどんなことになるのか、以下の記事にまとめてあるので一度ご覧下さい。

 

まとめ:免除制度or納付猶予制度を推奨

f:id:manochang:20190914233847p:plain

フリーターが年金を払うのは無理ゲーな話」というテーマでまとめました。 

年金を払うのがキツいと感じているフリーターは参考にして下さい。

 

収入が低くて生活が厳しいなら、無理に年金は払うことはありません。

「保険料免除制度」「保険料納付猶予制度」を利用しましょう。

 

年金をしっかり払いつつ、フリーターも続けたい方は社会保険に加入可能なアルバイトをおすすめします。

繰り返しですが、条件は以下です。

勤務日数が正社員の3/4以上

または、以下の5つの条件を満たす

① 従業員数501人以上(500人以下の場合は労使で合意がなされている)

② 週20時間以上の労働

③ 月給88000円以上

④ 雇用期間の見込みが1年以上

⑤ 学生ではないこと

とはいえ、将来的にはフリーターから卒業することをおすすめします。

フリーターも人生に必要な期間ですが、サラリーマンを経験してみるのも良い経験になります。

20代であれば、フリーターでも就職は簡単です。

この記事が素敵なフリーター生活を満喫するための参考になれば幸いです。

POINT!
  • フリーターが年金を払うのは無理ゲー!
  • 免除制度or納付猶予制度を推奨!
  • フリーターでも社会保険に加入可能!
  • いつかはフリーターから脱却を!

フリーターの平均年収と実態を解説【貧乏は覚悟】

f:id:manochang:20190913230901j:plain

こんにちは、マノアキラ(@AkiraMano)です。

23歳〜26歳までフリーターでした。

「フリーターの年収ってどのくらい?」

「フリーターの収入で生活できるの?」

この記事では、こんな疑問に答えます。

フリーターの年収を知りたい人向けに「フリーターの平均年収と実態」を解説していきます。

フリーターに興味のある人は参考にして下さい。

 

フリーターの平均年収

f:id:manochang:20190913230919j:plain

フリーターの平均年収に明確なデータはありません。

地域ごと最低賃金の違いや、フルタイムの人とそうでない人もいたりと様々だからです。

 

しかし、だいたい以下のようになると考えられています。

  • 平均年収:150万円
  • 平均月収:12.5万円

これはあくまで平均で、フルタイムで働いている場合はもっと増えます。

 

例えば、時給1,000円で1日8時間、月に20日働いている場合は以下です。

  • 平均年収:192万円
  • 平均月収:16万円

しかし、時給1,000円で1日6時間、月に12日(週3程度)働いている場合は以下になります。

  • 平均年収:86.4万円
  • 平均月収:7.2万円

という感じで、フリーターは働き方で大きく収入が変わってきます。

 

フリーターでもかなり気合入れて働くと、20代のうちは正社員よりも稼ぐことができます。

例えば、時給1,500円で1日8時間、月に25日働いている場合は以下です。

  • 平均年収:360万円
  • 平均月収:30万円

とはいえ、この辺りがフリーターとしての限界年収です。

ここまで働くと、フリーターよりも正社員として働く方がメリットがありそうです。

 

ちなみにですが、サラリーマン男性の年代別平均年収は以下です。 

  • 19歳以下:157万円
  • 20〜24歳:265万円
  • 25〜29歳:378万円
  • 30〜34歳:446万円
  • 35〜39歳:502万円
  • 40〜44歳:564万円
  • 45〜49歳:629万円
  • 50〜54歳:656万円
  • 55〜59歳:632万円
  • 60〜64歳:477万円
  • 65〜69歳:389万円
  • 70歳以上:359万円

(参考:年齢別 サラリーマンの平均年収調査結果-年収ラボ

20代のうちであれば、フリーターでも正社員より稼ぐことが可能です

しかし、フリーターはどの年代でも同じ時給です。

つまり、40代でも限界年収は360万程度なので、いつか収入面で正社員よりも劣ることは明白です。

 

しかも、頑張ったら20代でもある程度の収入を得られるだけで、それならば正社員でダラダラやる方が得な気もします。 

フリーターになるのは何かやりたいことがあったり目的がある場合が多いので、そこまで頑張ってアルバイトをするメリットはありません。

 

なので、フリーターの平均年収がだいたい150万円程度というのは納得な数字です。

 

フリーターの実態:貧乏

f:id:manochang:20190913230929j:plain

フリーターは平均年収からもわかるように、貧乏です

同世代のサラリーマンが普通はお金を使えるところも、フリーターはお金を使うことに躊躇してしまう場面が多々あります。

 

例えば、散髪です。

髪を切りたいけどお金がない

お金がないので髪が伸びる

みっともなく汚い見た目になる

中には頑張っておしゃれにしている人もいますが、わりと上記のタイプは多いです。

 

さらに、貧乏なので困ることがたくさんあります。

  • 友人の結婚式のお祝い金に愕然
  • 国民年金と国民健康保険の支払いに絶望
  • 住民税の支払いに怯える

基本的に、払わなけらばいけないお金が発生した時に絶望します

友人の結婚式があると3万円くらい包むので、フリーターの収入ではかなり絶望的です。

 

とはいえ、僕はフリーター時代に月収10万円でも一人暮らしをしていました。

贅沢しなければフリーターでも生きていけます。

詳しくは以下の記事にまとめてありますので、興味のある方はご覧下さい。

また、フリーターは貧乏で贅沢できないので、なかなか遊びに行けません。

なので暇な時は一人で家にいることが多く、お金の使わないことをやっていました。

家でお金の使わない遊びは、以下の記事にまとめてありますので参考に。

 

お金はないがメリットはある:自由

f:id:manochang:20190913230945j:plain

フリーターは貧乏ですが、メリットはあります。

お金がないのと引き換えに、自由を手にすることができます。

 

例えば、正社員で働いていると平日は仕事で埋まります。

しかし、フリーターは以下のような生活です。

  • 好きな時に仕事
  • 好きな時に遊ぶ
  • 好きなだけ寝る

金銭的制限はあるものの、時間的制限からは解放されます

自由な時間を獲得できることこそが最大のメリットです。

 

とはいえ、お金がないという事実。

そこはデメリットとして向き合いつつ、引き換えに得た自由を何に使うかがフリーターとして生活する際のポイントです。

 

まとめ:貧乏は覚悟

f:id:manochang:20190913230954j:plain

フリーターの平均年収と実態」を解説しました。

フリーターの年収に興味がある人は参考にして下さい。

 

フリーターの平均年収は150万円、貧乏です 

フリーターは貧乏で大変なこともありますが、自由を獲得できるというメリットがあります。

もし、フリーターになることに興味がある人は、メリットとデメリットを考慮した上で検討することをおすすめします。

POINT!
  • フリーターの平均年収は150万円!
  • フリーターは貧乏です!
  • フリーターはお金と引き換えに自由を獲得!

他にも、フリーターとして生きた経験を書いた記事がありますので、興味のある方は是非参考にして下さい。

 

フリーターになりたいと思っている方は、こちらの記事を参考に。

フリーターは何歳までOKか気になっている方は、こちらの記事を参考に。

フリーターの末路が気になる方は、こちらの記事を参考に。

フリーターでも貯金する方法が気になる方は、こちらの記事を参考に。

フリーターから正社員になれるのか気になる方は、こちらの記事を参考に。

そもそもフリーターで何が悪いのか気になったいる方は、こちらの記事を参考に。

めんどくさい仕事に直面した時の対処法【松岡修造式で乗り切る】

f:id:manochang:20190912112826j:plain

こんにちは、マノアキラ(@AkiraMano)です。

めんどくさいことは嫌いですが、乗り切るようにしています。

 

先日の僕のツイートです。

松岡修造が言ってました。

めんどくさい時は、

「よっしゃ!めんどくせー!」

☝️これ最高です。

生きているとめんどくさいことに直面します。
ある意味それは自分が成長するチャンスです。
この言葉で乗り切りましょう。

なので僕は
「よっしゃ!めんどくせー!」
と言いながら洗濯物を畳みます。

今回は上記を深掘りします。

「めんどくさい仕事に腰が上がらない」

「めんどくさい仕事から逃げ出したい」

こんな悩みを解決します。

 

この記事では、「めんどくさい仕事に直面した時の対処法」について解説します。

読み終えた時には、めんどくさい仕事を率先してできるようになります。

 

めんどくさい仕事に直面した時の対処法

f:id:manochang:20190912112844j:plain

めんどくさい仕事に直面した時は、「よっしゃ!めんどくせぇ!」と言って乗り切りましょう。

あえてポジティブな言葉を出すことで、行動することもポジティブになります

 

ちなみにこれは、現在スポーツキャスターとして活動する松岡修造さんの言葉です。

彼の言葉は、ポジティブに満ち溢れていて素敵です。

 

例えば、接客業の人はクレーマーがめんどくさいです。

こちらが悪い場合もありますが、対応は間違いなくめんどくさいです。

こんな時に「よっしゃ!めんどくせぇ!」と言ってみると、重たい気持ちは少し軽くなります。

脳科学も実証済み

というのも、脳は耳から入ってきた言葉に反応します。

自分の言葉でも他人の言葉でも一緒で、聞こえてきた言葉をそのまま受け止めます。

 

例えば、人の悪口を言っていると脳は自分に言われていることと認識をしてしまい、脳は収縮します。

これとは逆に、ポジティブな言葉を発することで脳もポジテイブになります

 

なので、自分の目標とかは頭で考えているだけではなく、言葉に出すことは大切です。

朝4時に起きたいのならば、寝る前に「朝4時に起きるぞ!」と言葉に出しましょう。

 

という感じで、めんどくさいことに直面したら「よっしゃ!めんどくせぇ!」と言って脳をごまかすといい感じです。

 

めんどくさい仕事はチャンス

f:id:manochang:20190912112853j:plain

そもそも、めんどくさいことに直面することはチャンスです。

めんどくさいことには、以下の3つのチャンスがあります。

  • 成長するチャンス
  • ビジネスチャンス
  • 生産性を上げるチャンス

それぞれ解説します。

成長するチャンス

めんどくさい仕事に直面した時は、成長するチャンスです。

 

人間は「やったことがないこと」をめんどくさいと感じます。

やり方を覚えたりする手間と、失敗するかもしれない不安があるからです。

 

例えば、先ほどの接客時のクレーマーを例にあげると、クレーマーに対応するのはめんどくさいです。

しかし、対応できた先を考えてみましょう。

クレーマーに対応できたら以下のようなメリットがあります。

  • 店を改善できる
  • クレーマーへの対処に慣れる

クレーマーに言われたところを改善することで、店のサービス向上に繋がります。

さらに、クレーマーへの対処に慣れることで自分をレベルアップさせることができます。

 

めんどくさいことを乗り切ると、そこには成長した自分がいます。

成長するためにも「よっしゃ!めんどくせぇ!」と言って積極的に行動しましょう。

ビジネスチャンス

めんどくさい仕事は、ビジネスチャンスでもあります。

めんどくさい仕事は誰もやりたがらないため、競合は少なくなるからです。

 

例えば、愛知県にある「竹島水族館」は魚の解説にユニークな手書きPOPを採用し、小さいながらも大人気の水族館となっています。

理由はお金がなかったからということですが、めんどくさい手書きPOPを採用することによって成功を納めた例です。

人がめんどくさいことをあえてやることは、ビジネスチャンスとなることがあるので「よっしゃ!めんどくせぇ!」で挑んでいきましょう。

生産性を上げるチャンス

めんどくさいことを先にやることで、後々の生産性向上に繋がります

めんどくさいことは後回しにしがちですが、先にやることによって脳が軽くなるからです。

 

例えば、洗濯物を取り込むのってめんどくさいです。

後回しにしておくと、何か作業をやりつつも「まだ洗濯物が...」という思考になります。

しかし、先に洗濯物を取り込んでおけば無駄な思考をすることはなく、 スッキリとした気分で作業に集中できます。

 

めんどくさいことほど「よっしゃ!めんどくせぇ!」と言って先に終わらせておくことがおすすめです。

 

 

という感じで、めんどくさいことにはチャンスが転がっています。

めんどくさいことに直面したら「よっしゃ!チャンス来た!」と思うと、ポジティブな気持ちになっていい感じです。

 

まとめ:松岡修造式で乗り切ろう

f:id:manochang:20190912112904j:plain

めんどくさい仕事に直面した時の対処法」について解説しました。

めんどくさいことになかなか腰が上がらない人や、逃げ出したい人は参考にして下さい。

 

方法は簡単で、「よっしゃ!めんどくせぇ!」と言って乗り切りましょう。

ポジティブな言葉は、脳に良い影響を与えるのでおすすめです。 

POINT!
  • 「よっしゃ!めんどくせぇ!」で乗り切る!
  • めんどくさいことはチャンス!

他にも、松岡修造さんの言葉はポジティブに満ち溢れていて最高です。

人生を変えるような素晴らしい言葉がたくさんありますので、本なりググるなりで調べてみて下さい。

松岡修造の人生を強く生きる83の言葉

松岡修造の人生を強く生きる83の言葉

 

日めくりカレンダーも最高です。

毎日、松岡修造さんの言葉を目にすることで元気が出ます。

[日めくり] まいにち、修造!  心を元気にする本気の応援メッセージ

[日めくり] まいにち、修造! 心を元気にする本気の応援メッセージ

 

ネガティブなことも、考え方次第でポジティブになれます。

ポジティブ思考で楽しく生きていきましょう。

一人暮らしは何歳から始めるのが最適か?【答え:就職してから数年後】

f:id:manochang:20190912004330j:plain

こんにちは、マノアキラ(@AkiraMano)です。

26歳から一人暮らしを始めました。

「一人暮らしがしたいけど、何歳から始めるのがおすすめ?」

「一人暮らしって何歳からできるの?」

こんな疑問に答えます。

 

一人暮らしをしたい人向けに、「一人暮らしは何歳から始めるのが最適か?」というテーマでまとめます。

 

一人暮らしは何歳から始めるのが最適か?

f:id:manochang:20190912004342j:plain

答えは、就職してから数年後です。 

理由は、心とお金に余裕のできる時期だからです

 

一人暮らしを始めるタイミングは、だいたい以下の4つです。

① 大学or専門学校に入学時

② 就職した時

③ 就職してから数年後

④ 30代以降

それぞれのメリット・デメリットについて解説します。

メリットは青字、デメリットは赤字で記述します。

大学or専門学校に入学時

高校を卒業して、進学するときに一人暮らしをする人はたくさんいます。

これは、2番目におすすめのタイミングです。 

理由は以下の通り。

  • 親からの仕送りがあるのでお金の心配はない
  • 新しいことを覚えるのに抵抗はない
  • お金の面でシビアになれない

学生であれば親からの仕送りがあるので、お金の心配はありません。

生活が保障されている中で、一人暮らしの方法を覚えればいいので余裕があります。

(仕送りがない場合はスイマセン)

また、新しいことを覚えることに抵抗はなく、すぐに適応できる年齢です。

 

しかし、あくまで親のお金で生活しているため、お金にシビアになりません。

自分のお金で生活している場合とは、危機感が違います。

就職した時

就職する時に、同時に一人暮らしを始める人もたくさんいます。

しかし、これは最もおすすめできないタイミングです。 

理由は以下の通り。

  • 新卒で就職したばかりは、まだお金がない
  • 仕事を始めたばかりで余裕がない

金銭面、メンタル面の両方でデメリットです。

新卒で就職したばかりでは、給料もたかが知れています。

さらに、仕事を始めたばかりで心に余裕もありません。

 

学生から社会人になった時の変化は、メンタルに大きな負担となります。

このタイミングで家に帰ったら自分一人の状態は辛いです。

実家暮らしであれば、家族に仕事の話をするなどできます。

 

デメリットだらけなので、就職した時での一人暮らしはおすすめできません。

就職してから数年後

就職してから数年後に一人暮らしを始めるのは、最もおすすめなタイミングです。

理由は以下の通り。

  • 貯金もでき、お金に余裕がある
  • 仕事にも慣れ、心に余裕がある
  • まだ若いので、新しいこともすぐに覚える

まさに、メリットだらけです。

 

就職してから数年経つと、ある程度の貯金も貯めることができます。

初期費用もそうですが、お金に余裕のある状態で一人暮らしを始めることのできるのは心の余裕にも繋がります

 

さらに、就職して数年経っていれば仕事にも慣れています。

新卒の頃と比べれば、仕事に行くことはわりと余裕です。

 

また、20代であれば新しいことを覚えることへの抵抗も少なく、すぐに適応できます。

メリットだらけのこのタイミングは、一人暮らしを始めるのに最適です

30代以降

しばらく実家で過ごし、30代に突入してからの一人暮らしは無難です。

無難ですが、デメリットもあります。

  • お金がある
  • 新しいことを覚えることに抵抗する 
  • お金があるので、お金に頼る

まず、お金があるので生活に余裕があります。

 

しかし、ありすぎるのも問題です

一人暮らしを始めると、新しいことを覚えることがたくさんありますが、お金に頼ってしまいます。

例えば、以下。

  • 洗濯はコインランドリー
  • 食事は外食orコンビニ弁当

そして、実家で親にお世話になっていたとしたら、掃除やゴミ捨てもおろそかになりがちです。

30代まで生きてきた生活は、それが普通になってしまってなかなか変えることができません

 

さらに、若い時とは新しいことを覚えることへの抵抗も違います。

例えばですが、18歳の人と35歳の人ではどちらが物覚えがいいでしょうか?

答えは、圧倒的に18歳の人の方が物覚えがいいです。

新しいことを覚えるのは若い方が適しています。

 

とはいえ、お金に頼るのが悪いとも言えませんので、30代以降の一人暮らしはわりと無難なタイミングです。

 

一人暮らしは何歳から可能?

f:id:manochang:20190912004356j:plain

ちなみに、「一人暮らしは何歳から可能なのか?」という疑問にも答えておきます。

答えは、連帯保証人がいれば何歳でも大丈夫です。

 

理屈的には、小学生でも可能です。

しかし、現実的ではありません。

要は、「部屋を貸す側がOKを出すかどうか」ということです。

 

家賃の保証ができれば重要ですが、小学生に一人暮らしをさせるような親が連帯保証人は非常識です。

貸す側はOKを出しにくいでしょう。

とはいえ、高校卒業していればほぼ問題ありません

 

高校を卒業していても、20歳以下の未成年が賃貸物件を借りる場合は単独で契約することはできませんので、親の承認が必要です。

たとえ20歳を超えていたとしても、連帯保証人が必要です。

連帯保証人は親や兄弟で問題ありませんが、無理な場合は保証会社を間に立てることになります。

 

また、フリーターなどで収入が安定しない場合は、連帯保証人を立てつつ保証会社も間に立てることもあります

僕は一人暮らしを始める時、これに該当しました。

保証会社との契約は1年更新で、年間1万円の費用がかかりました。

 

まとめ:一人暮らしは就職してから数年後がおすすめ

f:id:manochang:20190912004405j:plain

 「一人暮らしは何歳から始めるのが最適か?」というテーマでまとめました。

 

答えは、就職してから数年後です

理由は、お金も心も余裕のある時期だからです

 

一人暮らしをこれから始めようと思っている人は参考にして下さい。

POINT!
  • 一人暮らしは就職してから数年後がおすすめ!
  • 就職した時はおすすめしません!
  • 一人暮らしは連帯保証人がいれば何歳からでも可能!

ちなみに、一人暮らしを始めると寂しいと感じることがあるかもしれません。

そんな時の対処法は以下の記事にまとめてあるので、興味のある方は是非ご覧下さい。

一人暮らしを始めた後の食事に関しても記事を書いてありますので、一人暮らしを始めた時には参考にして下さい。

とはいえ、とにかく部屋を探してみることがスタートです

部屋を探すのはタダですので、どんな物件があるのか見て気持ちを上げていきましょう。

サラリーマンに向いてない人の4つの特徴【当てはまるなら起業orフリーランスに】

f:id:manochang:20190911120833j:plain

こんにちは、マノアキラ(@AkiraMano)です。

サラリーマンを辞め、今は個人事業主です。

「自分はサラリーマンに向いてないかもしれない」

「サラリーマンに向いてないのは社会不適合者?」

この記事では、こんな悩み・疑問に答えます。

 

サラリーマンに向いてない人の4つの特徴」についてまとめます。

 

サラリーマンに向いてない人の4つの特徴

f:id:manochang:20190911120845j:plain

サラリーマンに向いていない人の特徴は以下の通り。

  • 朝方ではなく夜型
  • 組織の改善点に気づく
  • 集団ではなく個人を好む
  • 自由を好む

それぞれ解説していきます。

朝方ではなく夜型

世の中には朝が弱く、夜に最高のパフォーマンスをする人がいます。

そのような人はサラリーマンに向いていません。

なぜというと、日中の仕事に最大のパフォーマンスを出すことができないからでです。

 

例えば、9〜18時勤務でその後上司と飲みに行っているのだとしたら、上司のと飲み会で最高のパフォーマンスを発揮し、肝心の仕事では低調なパフォーマンスです。

 

夜型の人は、「朝はたくさん寝て、昼から、もしくは夜仕事」という感じが効率の良い働き方です。

 

夜型でサラリーマンの人は、上司の飲み会を断る方がおすすめです。

上司との飲み会に最高のパフォーマンスを発揮しても意味はありません。

組織の改善点に気づく

組織の改善点に気づくことのできる人は、サラリーマンに向いていません。

改善点に気づくことができる人は、プロジェクトを良い方向に導くことができるからです。

 

「それは会社に所属していても良いのでは?」

と思うかもしれませんが、その力を発揮できるのはベンチャー企業やスタートアップ企業に所属している場合です。

組織が大きくなってくると、個人の発言では動かない場合が多々あります。

 

例えば、以下のようなこと。

  • 年功序列はおかしい
  • 無駄なルールがある

この辺りは個人が発言しても組織は変わりません。

 

しかし、自分が経営者や個人で稼ぐフリーランスならその力を思う存分に発揮できます。

集団ではなく個人を好む

個人で何かすることを好む人は、サラリーマンに向いていません。

サラリーマンは会社組織に所属して、少なからず集団でビジネスを行うからです。

 

組織としてビジネスを行うことは個人では生み出せない利益を出すことのできるメリットになりますが、それが苦手な人もいます。

また、人に支持されるのが嫌いな人も同じです。

 

例えば、会社では何も成果の出ない人が、個人で行っている副業では大きな成果を出すこともあります。

個人で稼ぐことのできる力がある人は、サラリーマンでなくても生きていけますので、何もサラリーマンにこだわる必要はありません

自由を好む

自由を好む人はサラリーマンに向いていません。

会社に所属していると勤務時間や休日は決められてしまうので、自由はある程度なくなります。

 

「みんな自由が好きに決まってるじゃん?」

と思うかもしれませんが、人によっては「仕事を支持された方が楽」「自分のやるべきことが固定されている方が良い」と考える人もいます。

 

そして、自由すぎるのは逆に安定がなくなることにもなります。

  • 自由<安定=サラリーマンが向いている
  • 自由>安定=サラリーマンが向いていない

という感じで、安定よりも自由を優先したい人はサラリーマンは向いていません

 

サラリーマンに向いてないのは社会不適合者ではない

f:id:manochang:20190911120855j:plain

とはいえ、「サラリーマンに向いていない人は、社会に適応できていない人間なんじゃ...?」と思うかもしれません。

 

サラリーマンに向いてない人は社会不適応者なのかというと、そうではありません

サラリーマンは合っていないというだけの話で、自分に合った働き方をすればいいだけです

 

日本にはサラリーマンの割合が多いため、それが社会に合った生き方と考えられがちですが、世界に目を向けてみると考え方が違います。

以下のデータをご覧下さい。

ランサーズ「フリーランス実態調査2017年版」

  • 日本のフリーランスの割合:17%
  • アメリカのフリーランスの割合:35%

(参考:「フリーランス実態調査2017年版」を発表 | ランサーズ株式会社

日本でもフリーランスとして働く人口は増えていますが、まだまだ発展途上です。

しかし、北米では2020年までにフリーランスの割合が約50%になると言われています。

(ソース:北米ではあと3年で50%がフリーランスに!?急増の理由から学べること | THE LANCER

 

サラリーマンに向いていないのは社会に適応できないのではなく、働き方が自分に合っていないというだけのことです。

サラリーマンに向いてないなら起業orフリーランス

f:id:manochang:20190911120906j:plain

自分がサラリーマンに向いていないなら、起業するかフリーランスになるのが力を発揮できるおすすめな方法です。

このまま向いていないサラリーマンをやっていくのは、力も発揮できずにストレスも抱える非効率的な働き方です。

 

とはいえ、いきなり起業したりフリーランスになるのは怖いです。

まずはサラリーマンをやりつつ、副業としてビジネスをやってみるのがおすすめです。

そして、副業が軌道に乗ってきたら独立すればリスクはありません。

 

しかし、何をやったらいいかわからない場合もあります。

そんな時は、とにかく知識を蓄えることです。

ネットで調べるのもいいですが、本をたくさん読んで多様な知識を得る方が早いです。

本を読むなら月額定額制のKindle Unlimitedで、とにかくたくさん読みまくるのがおすすめです。

定額読み放題サービス

Kindle Unlimitedを30日間無料で試す

「フリーランスになりたいけどスキルがない」

という人は、スキルを身につければOKです。

例えば、プログラミングを学んでフリーランスエンジニアになる方法もあります。

未経験でも、きちんと学べば数ヶ月でフリーランスエンジニアとして働くことができます。

独学でもできるようですが、不安な人はスクールに通うなどして人に学びましょう。

起業・フリーランスの働き方はたくさんあるので、自分に合った仕事を見つけて下さい。

 

まとめ:自分に合った働き方を

f:id:manochang:20190911120913j:plain

サラリーマンに向いてない人の4つの特徴」についてまとめました。

自分がサラリーマンに向いていないと感じている人は参考にして下さい。

 

繰り返しですが、サラリーマンに向いていない人の特徴は以下の4つです。

  • 朝方ではなく夜型
  • 組織の改善点に気づく
  • 集団ではなく個人を好む
  • 自由を好む

もし該当しているのならば、起業するかフリーランスになる道を考えてみるのもアリです。

自分の力が発揮できてストレスもない、効率的な働き方をしていきましょう。

POINT!
  • サラリーマンに向いてなくても大丈夫!
  • 起業・フリーランスになればOK!
  • 自分に合った働き方を!

とはいえ、起業やフリーランスに挑戦するのが怖いと思ってしまう人もいます。

挑戦へ一歩踏み出すには、失敗への考え方を変えることでできるようになります。

こちらの記事にまとめてあるので、興味のある方は是非ご覧下さい。

退職するためにやるべきことは、以下の記事にまとめてあります。

もし、挑戦を決めて退職することになったら参考にして下さい。

サラリーマンは辛いと感じているのは甘え【サラリーマンは楽チンです:理由も解説】

f:id:manochang:20190911011604j:plain

こんにちは、マノアキラ(@AkiraMano)です。

フリーターとサラリーマンを経験し、今は個人事業主です。

サラリーマン「毎日の仕事が辛い...」

学生・フリーター「サラリーマンって辛いんだよね?」

こんな悩み・疑問に答えます。

 

サラリーマンの仕事が辛いと思っている方向けに、「サラリーマンは辛いと感じているのは甘え」というテーマで書いていきます。

 

サラリーマンは辛いと感じているのは甘え

f:id:manochang:20190911011615j:plain

結論、サラリーマンは楽チンです

サラリーマンをやっていて辛いと感じているのは、単なる甘えです。

 

理由は以下になります。

  • 頑張らなくても毎月安定収入
  • 勝手に仕事がやってくる
  • 思考停止でOK

それぞれ解説します。

頑張らなくても毎月安定収入

サラリーマンは出勤さえしていれば、毎月給料が振り込まれます。 

特に成果を出さなくても給料は保障されているので、精神的にも安定します。

 

これがフリーターや経営者なら、以下のようになります。

  • フリーター:毎月不安定で、しかも少ない
  • 経営者:頑張らないと収入0

頑張らなくても一定の生活が保障されているサラリーマンは楽チンです。

勝手に仕事がやってくる

サラリーマンは、勝手に仕事がやってきます

会社が決めた仕事を「ホイホイ」とやっていればOKです。

 

これがフリーターや経営者なら、以下のようになります。

  • フリーター:シフトが減らされる可能性アリ
  • 経営者:仕事を獲得しないと収入0

勝手に仕事が上から降ってくるサラリーマンは楽チンです。

思考停止でOK

サラリーマンは、何も考えなくても成り立ちます

前述したように、会社が決めた仕事を「ホイホイ」とやっていればOKだからです。

 

これがフリーターや経営者なら、以下のようになります。

  • フリーター:お金の不安・将来の不安
  • 経営者:常に思考しないと収入0

何も考えなくともに生きていくことのできるサラリーマンは楽チンです。

それでも辛いと感じるのは環境が悪い

f:id:manochang:20190911011628j:plain

とはいえ「それでもサラリーマンは辛い...」と嘆く人もいます。

サラリーマンは楽チンなはずなのにそう感じてしまう原因は、環境の問題です。

 

例えば、以下の通り。

  • 毎日残業
  • 人間関係が悪い
  • 休みがない
  • 給料が低い

サラリーマンが辛いという人は、だいたいこんな感じです。

 

確かに、理解はできます。

しかし、その問題を解決すればOKです。

 

僕はサラリーマンを違う会社で2回経験しましたが、1回目の会社は上記のような感じでした。

その教訓を生かし、2回目に就職した会社は以下のようになりました。

  • 残業ゼロ
  • 人間関係は良好
  • 休みはある程度自由
  • 給料は低いけど前よりは良い

つまり、辛いと感じている理由はその環境の問題であり、改善可能です。 

 

辛いサラリーマンから抜け出す方法:2つ

f:id:manochang:20190911011641j:plain

現在が辛いと感じているサラリーマンがそこから抜け出す方法は、以下の2つです。

  • 仕事を頑張らない(サボる)
  • 転職する

それぞれ解説します。

仕事を頑張らない(サボる)

日本人は真面目なので仕事を頑張ろうとしますが、正直ラリーマンが頑張るのは無駄です

理由は、頑張っても同じ給料しかもらえないからです。

 

僕もサラリーマン時代、一瞬だけ仕事を頑張ろうと思いましたが3日ほどで無駄なことに気づきました。

そこから、最低限の仕事を維持しつつ定時に速攻で帰るという方法に切り替えたところ、幸福感が上がりました。

 

頑張りすぎが辛い原因になっている場合はあるので、頑張るのを辞めてサボりつつ仕事をこなしましょう

転職する

とはいえ、仕事量が多すぎて残業から逃れられない場合もあります。

その場合は、わりとブラックなので転職でOKです

転職先を選べば、「人間関係」「休日」「給料」の問題も解決します

 

転職といっても、例えば以下の3つの道があります。

  • 会社を変える
  • フリーターになる
  • 起業する

一般的に思いつくのが、会社を変えることです。

辛い環境から抜け出し、他の環境でそのままサラリーマンを続ける方法です。

その場合は、転職エージェントの利用がおすすめです。

転職エージェントに無料登録

日本の若者の就職応援サイト「いい就職.com」

サラリーマンが嫌なら、一旦フリーターになって人生を考え直してみるのも一つの方法です。

とはいえ、フリーターも楽ではありません。

決断する前に、以下の記事をご覧になって下さい。

起業するのもいいですが、当然稼ぐ力が必要です。

稼ぐ力のない人は収入もなく、サラリーマンより辛い経験をする可能性があります。

しかも常に思考をしていなければいけないので、覚悟を持って挑んで下さい。

 

というわけで、転職するなら今の会社を退職しなければいけません。

退職したいと思った時にとるべき行動は以下の記事にまとめてありますので、興味のある方はご覧下さい。

退職を会社に言い出しにくい場合の対処法もまとめてあります。

 

まとめ:サラリーマンは楽チンです

f:id:manochang:20190911011652j:plain

サラリーマンは辛いと感じているのは甘えです。

記事内で解説したように、サラリーマンは楽チンな職業です。

 

もし、あなたが辛いと感じているのならば、それは環境の問題です。

環境を変えることで、徐々に楽チンなことに気づくことができます。

 

繰り返しですが、辛いと感じているサラリーマンがそこから抜け出す方法は、以下の2つです。

  • 仕事を頑張らない(サボる)
  • 転職する

サラリーマンの仕事が辛いと思っている方は参考にして下さい。

POINT!
  • サラリーマンは楽チンです!
  • 辛いなら環境を変えましょう!
  • 頑張るのはNG、仕事はサボろう!
  • 転職すれば問題は解決!

フリーターになりたいと思う人に伝えたいこと【なればOKです:理由も解説】

f:id:manochang:20190909111942j:plain

こんにちは、マノアキラ(@AkiraMano)です。

大学を卒業後、新卒で就職し、9ヶ月で辞めました。

そして、20代後半までフリーターとして生活していました。

 

先日の僕のツイートです。

フリーターになりたいと思う人に対して「辞めとけ」という意見が多いけど僕は逆の考えです。

フリーターになってもいいと思う。

長い人生には休息も必要だし、今後を考えるいい機会になります。
これは僕の経験上です。

とはいえ20代の人に対してのことで、30代以上になると相応の覚悟がいります。

今回は、上記を深掘りしていきます。

「現在サラリーマンだけど、仕事が辛いのでフリーターになりたい...」

「フリーターになりたいけど、将来のことが不安...」

こんな悩みを解決します。

 

仕事を辞めてフリーターになりたいサラリーマン、将来フリーターになりたい学生向けに、「フリーターになりたいと思う人に伝えたいこと」を書いていきます。

 

フリーターになりたいと思う人に伝えたいこと:なればOKです

f:id:manochang:20190909112022j:plain

結論、フリーターになりたいなら、なればOKです。

理由は、フリーターになるとサラリーマンではできない経験ができるからです。

 

例えば、以下のこと。

  • 何かに思う存分挑戦
  • 平日の昼間からビールを飲む
  • 昼寝を大量にする

挑戦するためにフリーターになることは、とても素敵なことです。

とはいえ「平日の昼間からビールを飲む」とか「昼寝を大量にする」というのは無駄だと思っていないですか?

しかし、実はここが重要なところです。

無理しなくても生きていけることを実感

フリーターになると、「無理しなくても生きていける」ということを実感することができます。

 

学校を卒業してからサラリーマンしかやっていない人は、無理をすることが当然と思いがちです。

しかし、実際は無理しなくても生きていけるし、時間に縛られない自由な生き方もあるんです。

 

例えば、無理して通勤しなくてもいいし、無理して仕事をすることもないです。

無理をしない生き方は素敵です。

「辞めとけ」というのはフリーターを経験していない人

世間では、フリーターになりたい人に対して「辞めとけ」という意見が多いですが、それを言っている人はフリーターを経験していない人じゃないですか?

 

フリーターを経験した僕から言わせれば、サラリーマンしかやっていない人はもっと世界を知った方がいいと思います。

フリーターをやることで見えてくるものもあり、それが今後の人生に影響も与えます

 

また、サラリーマンしかやっていない自分を肯定したいという気持ちが、「辞めとけ」という言葉を生み出しています。

経験したことない人の言葉は説得力がないので無視でOKです

20代であればいつでも就職できる

そして、20代であれば、就職したいと思った時に就職はわりと余裕です

正直、30代以上になると就職への難易度はかなり上がりますが、20代であれば企業も問題なく採用してくれます。

また、フリーターから正社員になることをサポートする転職エージェントもたくさんありますので大丈夫です。

 

詳しくは以下の記事にまとめてありますので、興味のある方はご覧下さい。

フリーターになるとお金がない:しかし時間はある

f:id:manochang:20190909112033j:plain

基本的にこの記事ではフリーターになることをおすすめしていますが、注意点も上げておきます。

それは、フリーターはお金がないということです。

 

お金がないと以下のようになります。

  • 生活はギリギリ
  • 遊びに行けない
  • いざという時に困る(友達の結構式など)

もちろん、必死にアルバイトをこなせば就職している人の収入とさほど変わりません。

しかし、それではあまりフリーターをやる意味もないように感じます

必死になって働くのであれば、就職した方が効率が良いからです。

 

お金がないということは覚悟しておかなければなりませんが、その分時間はあります。

その時間を生かして何かをやることが、フリーターとして生活するメリットになります。

 

時間があるというのは、サラリーマンをやっている人にはなかなかないことです。

フリーターはわりと暇に感じますが、その時間は今後の人生を考えるための良い機会になります。

その点、毎日忙しく働くサラリーマンよりも満足のいく人生にできる可能性が高いです。

 

フリーターになる期間を決めておくと良い

f:id:manochang:20190909112041j:plain

フリーターになりたいと思っている人に言っておきたいのが、フリーターになるなら期間を決めておいた方がいいということです。

なぜなら、ずっとフリーターは辛いからです。

 

ずっとフリーターは、以下のような人生です。

  • ずっと貧乏のまま
  • 人生を満喫できない

人生では、お金があるからできることがたくさんあります。

フリーターには時間的自由ができても、金銭的自由はありません。 

 

人生を謳歌するためには、お金が必要不可欠です。

お金のないフリーターには、人生を満喫することはできません。

 

なので、フリーターをやるなら期間を決めておいた方がいいです。

ちなみに、将来的に就職したいと思っているのならば、30歳までには考えておくことをおすすめします。

フリーターの将来に関しては以下の2記事でまとめてあるので、興味のある方はご覧下さい。

仕事が嫌なら転職するという手もある

f:id:manochang:20190909112050j:plain

現在の仕事が嫌でフリーターになりたいと思っている人は、フリーターにならなくても転職するという手もあります

フリーターになりたい理由にもよりますが、転職で問題が解決する場合もあるからです

 

例えば、以下のような理由の場合。

  • 人間関係が嫌
  • 残業が嫌
  • 仕事内容が嫌

この辺りの理由であれば、転職で解決する可能性が高いです。

 

人間関係はフリーターでも同じです。

残業が嫌なら、残業のない会社に転職すればOKです。

仕事内容が嫌なら、自分に合う仕事を探しましょう。

 

大切なのは、「なぜフリーターになりたいのか?」ということです。

なんとなくフリーターをやるのもいいですが、抱えている問題が転職で解決できれば問題ありません。

一度、転職エージェントに登録してぼーっと求人を眺めてみるのもアリです。

自分にぴったりの会社が見つかるかもしれません。

転職エージェントに無料登録

日本の若者の就職応援サイト「いい就職.com」

とはいえ、フリーターになりたい気持ちは否定しませんので、よく考えて行動して下さい。

フリーターとして生活しつつ、ゆっくりと今後の人生について考えるのも全然アリです。

退職したい時に取るべき行動は以下の記事にまとめてありますので、参考にして下さい。

 

まとめ:フリーターになっても特に問題ない

f:id:manochang:20190909112059j:plain

フリーターになりたいと思う人に伝えたいこと」についてまとめました。

僕が20代前半で会社員を辞めてフリーターになった経験を元に書かせていただいたので、仕事を辞めてフリーターになりたいサラリーマン、将来フリーターになりたい学生は是非参考にして下さい。

 

結論、フリーターになりたいなら、なっても問題ありません

なりたいならればOKです。

 

ただ、フリーターになるデメリットも考慮した上で決めるのをおすすめします。

将来的に就職したいのであれば、期間を決めてフリーターをやることです。

30歳を超えると、就職は難しくなります。

 

とはいえ、フリーターになることは人生の視野が広がり、良い経験になります

納得いく人生を送れるよう、この記事の内容を頭の片隅に置いておいて下さい。

POINT!
  • フリーターになりたいなら、なればOK!
  • フリーターになることは、良い人生経験です!
  • 期間を決めてフリーターをやりましょう!
  • 問題は転職でも解決する可能性もアリ!

他にも、フリーターに関する記事を書いているので、興味のある方は是非ご覧下さい。

一人暮らしが寂しいと感じる時の対処法【暇をなくせば寂しさも消える】

f:id:manochang:20190908012135j:plain

こんにちは、マノアキラ(@AkiraMano)です。

過去に一人暮らしをしていましたが、寂しいと思ったことはありません。

 

先日の僕のツイートです。

一人暮らしの人はよく寂しいと思うことがあるそうですが、僕は思ったことがありません。

寂しいと思う人って暇なだけだと思います。

何か熱中できる趣味があったり、遊ぶ友達がたくさんいれば寂しいなんて気持ちは生まれません。

とはいえ遊ぶ友達がいない人は、実家に帰ってご飯でも食べれば解決。

今回は、上記を深掘りします。

「一人暮らしで寂しい気持ちをなんとかしたい」

「一人暮らしが寂しいけど、遊ぶ友達がいない」

こんな悩みを解決します。

 

一人暮らしが寂しいと感じる人向けに、「一人暮らしが寂しいと感じる時の対処法」についてまとめます。

 

一人暮らしが寂しいと感じる時の対処法:暇をなくす

f:id:manochang:20190908012150j:plain

 一人暮らしが寂しいと感じる時の対処法は、ズバリ暇をなくすことです。

そもそも寂しいと感じるのは、暇なことが原因です。

 

例えば、以下のような生活は寂しくないです。

  • 毎日忙しく残業
  • 家に帰ったら趣味に没頭
  • 週末の休みは友達とお出かけ

しかし、以下のような生活は寂しいです。

  • 毎日仕事は定時上がり
  • 家に帰ってからは特にやることがないのでテレビ
  • 週末も家でゴロゴロ

この2つの違いは、「暇か暇でないか」です。

 

一人で暇になった時は、「何かやることはないか?」と思考を働かせてしまい、ふと何もやることのない自分に寂しいと感じてしまいます。

仕事や趣味など、やることがたくさんあれば寂しいと思う時間もありません

 

つまり、一人暮らしが寂しいと感じるのは、暇な時間がなくなれば解消します

暇をなくす方法は、次に解説します。

 

暇をなくす方法は2つ

f:id:manochang:20190908012202j:plain

暇をなくす方法は、シンプルに以下の2つです。

  • 人と触れ合う
  • 趣味に没頭

それぞれ解説します。

人と触れ合う

人と触れ合う時間を作ることで、暇な時間はなくなります。 

そもそも暇をなくす以前に、人と触れ合えば寂しい気持ちは解消されます。

 

人と触れ合う方法は、以下の3つです。

  • 友達と遊ぶ
  • 実家に帰る
  • SNSを使う

友達に連絡を取れば一発で解決です。

遊びに行くのが1番ですが、LINEとかで連絡を取り合うだけでもOKです。

 

しかし、一人暮らしが寂しいと思う人は友達がいないかもしれませんよね。

その場合は、実家に帰りましょう。

帰ると言っても一時的で、両親とご飯を食べに行ったりすればOKです。

 

とはいえスイマセン、実家がない人もいますよね。

友達がいなくて実家もない人は、SNSで友達を作ればOKです。

Twitter、Facebook、Instagram、TikTokなど、あらゆるサービスが揃っているので便利です。

同じ趣味や嗜好の人を探してフォローして絡んでみれば、仲良くなって寂しさもなくなります。

ネット上の繋がりに抵抗がある人がいるかもしれませんが、今の時代はSNSで繋がるのは普通です

 

ただし、SNS上で誹謗中傷をすると、嫌われてより孤独感が増すので辞めましょう。

あと、変な勧誘に引っかからないように注意です。

趣味に没頭

何か趣味があれば、寂しい気持ちは解消されます。

趣味に没頭すれば、空いてる時間は趣味で埋め尽くされて暇ではなくなるからです。

 

ちなみに僕はこの類で、暇な時間は漫画やゲームに没頭していました。

漫画やゲームは無限にあるので、暇な時間は消えました。

 

とはいえ、「趣味がない」という人もいると思います。

趣味がない人の大半は楽しいことを知らないだけなので、いろいろやったことないことに挑戦してみましょう

例えば、旅行に行ったり読書をして見みたり、簡単なことでいいと思います。

 

家でできる過ごし方に関しては以下の記事にまとめてあるので、興味のある方は是非ご覧下さい。

 

まとめ:暇をなくせば寂しさも消える

f:id:manochang:20190908012210j:plain

一人暮らしが寂しいと感じる時の対処法」についてまとめました。

一人暮らしが寂しいと感じている人は、参考にして下さい。

 

答えはシンプルで、暇をなくせば寂しさも消えます。

 

繰り返しですが、暇をなくす方法は以下の2つです。

  • 人と触れ合う
  • 趣味に没頭

是非、実行して暇な生活から抜け出しましょう。

実際、人と触れ合ったり趣味に没頭できる生活は素敵です。 

POINT!
  • 寂しいと感じるのは暇が原因!
  • 暇をなくす方法は「人と触れ合う」か「趣味に没頭」!

一人暮らしなら自炊しない方がお得な理由【節約できて栄養も保証】

f:id:manochang:20190906135344j:plain

こんにちは、マノアキラ(@AkiraMano)です。

20代はフリーターで一人暮らしでしたが、途中で自炊は辞めました。

 

先日の僕のツイートです。

自炊って節約できると思いがちだけど、一人暮らしなら圧倒的に自炊しない方がお得です。

自炊って時間と労力を使い過ぎ。

家族がいるなら自炊でいいけど、一人暮らしなら弁当とかの方が時間を確保できて最高です。

今は健康に配慮された宅配サービスもあるし、使わない手はないと思います。

今回は、上記を深掘りします。

「一人暮らしで食費を抑えたいけど、自炊がめんどくさい」

「自炊したくないけど、毎日弁当だと健康面が心配」

こんな悩みを解決します。

 

現在一人暮らしで自炊したくない人のために、「一人暮らしなら自炊しない方がお得」というテーマで書いていきます。

この記事を読むと、自由な時間を得つつ健康的に過ごせる方法がわかります。

是非、参考にして下さい。

 

一人暮らしなら自炊しない方がお得な理由:時間とお金を節約

f:id:manochang:20190906135401j:plain

一人暮らしなら、自炊しない方がいろいろお得です。

なぜなら、時間とお金を節約できるからです

それぞれ解説していきます。

時間を節約

自炊をしないことによって、大量の時間を得ることができます。

自炊するのは非常に手間で、時間を消耗するからです。

 

例えば、自炊する場合は以下のような手順を踏みます。

① 食材を買いに行く(30分)

② 買ってきた食材を片つけ・保存する(5分)

③ 調理する(30分)

④ 食事を取る(15分)

⑤ 食後は食器を片つける(10分)

各所要時間はだいたいで夕食のみの想定ですが、1時間半ほどかかります。

毎日これを続けると1ヶ月で45時間ほど使っており、かなりの手間です。

 

これが、スーパーやコンビニで買った弁当にするとこうなります。

① 弁当を買いに行く(15分)

② 家に帰って食べる(15分)

③ 容器を捨てる(0分)

1日合計30分1ヶ月で15時間です。

さらに、宅配弁当にするとこうなります。

① 時間に家に弁当が届く(0分)

② 家で食べる(15分)

③ 容器を捨てる(0分)

所要時間は、ほぼ食べる時間のみの1日15分です。

1ヶ月にすると7時半です。

 

各所要時間を比較するとこうなります。

  • 自炊:1ヶ月 45時間
  • 弁当:1ヶ月 15時間
  • 宅配弁当:1ヶ月 7.5時間

軽くヤバいほどの差が出てきます。

 

とはいえ、自炊している人はお金の節約になってると思ってるでしょう。

その点に関して、次に解説します。

お金を節約

自炊すると節約できると考えるのが普通ですが、そうでもありません

なぜなら、一人暮らしなら毎日弁当でも自炊するのとあまり食費は変わらないからです。

 

自炊した場合と、毎日弁当の場合の食費は以下です。

  • 自炊:1ヶ月 20,000円
  • 毎日弁当:1ヶ月 45,000円

一人暮らしをしていた時の経験則ですが、こんな感じだと思います。

 

「あ、これぐらいしか変わらないんだ」と思う人はいいですが、「25,000円は大きいよ...」と思う人がいるかもしれません。

しかし、前述したように消費する時間に大きな差が生まれます。

時間の差を考えた時に、25,000円の差はペイできます

 

例えば、前述したように「自炊」の人と「毎日弁当」の人だと30時間の差があるわけですが、時給1,000円のアルバイトを25時間すれば、5時間は自由になります

アルバイトでなくても、自由になった時間で他の副業をすれば楽勝でペイできる金額です。

 

毎日仕事で忙しい人は、お金を節約するよりも時間を確保する方が大切です。

しかも、一人暮らしだと買ってきた食材が使えきれずに捨ててしまうことも多々ありますから、自炊はもったいないですよね。

 

よく「食費を抑えるための自炊術」みたいな感じの紹介がありますが、それよりも食事は外注して、できた時間で稼ぎつつ自由な時間を楽しむ方が人生はお得です

 

健康面も保証できるサービスを紹介

f:id:manochang:20190906135431j:plain

冒頭のツイートにもあるように、今は健康に配慮された宅配サービスがたくさんあります。

そのサービスを利用すれば、自由な時間も得つつ健康的な毎日を過ごすことができます

 

 例えば、以下のサービス。

メニューは300種類以上!おいしい食事宅配サービス「食宅便」

 

管理栄養士監修、カロリーや塩分に配慮したメニューが揃っていて健康面は抜群です。

冷凍なので、食べたい時にチンすればOK。

家族がいる人は料金が数倍になるのでしんどいですが、一人暮らしやお金のある共働きには最高なサービスです。

 

しかも、相当上手でない限りは、自炊したご飯よりもプロの調理師が作ったご飯の方が美味しいですよね。

僕が今一人暮らしなら間違いなく利用しているサービスなので紹介させていただきました。

興味がある人は、一度Webページを覗いてみて下さい。

 

まとめ:一人暮らしなら自炊は辞めよう

f:id:manochang:20190906135420j:plain

 「一人暮らしなら自炊しない方がお得」というテーマについて書きました。

現在一人暮らしの方は、素敵な生活をできるよう参考にして下さい。

 

結論、一人暮らしなら自炊は辞めましょう

その方が、自由な時間を確保できて人生が素敵になります。

そして、お金もそこまでかかりません。

 

自炊して消耗する生活から抜け出す方法は簡単です。

「弁当を買ってくる」or「宅配弁当を頼む」です。

是非、参考にして下さい。

POINT!
  • 一人暮らしなら自炊は辞めよう!
  • 宅配弁当で健康的な生活を!

とはいえ、「自分、料理するの好きなんだけど...」という人は自炊を楽しんで下さい。

【現実】ブログ初心者が200記事書いても稼げません【稼ぐには戦略が必要:解説付】

f:id:manochang:20190906004842j:plain

こんにちは、マノアキラ(@AkiraMano)です。

ブログで200記事を書いたところで、いろいろ気づきました。

「ブログで200記事書いたら収益やPVはどのくらい?」

「ブログで200記事達成までに稼ぐための戦略は?」

この記事では、こんな疑問に答えます。

 

まだ200記事を達成していないブログ初心者向けに、「ブログ初心者が200記事書いても稼げません」というテーマで書いていきます。

ブログ初心者が稼ぐために無駄な道を進まないよう、【稼ぐための戦略】も解説します。

 

ブログ初心者が200記事書いても稼げません(収益とPVも発表)

f:id:manochang:20190906004857j:plain

タイトルの通りです。

ブログ初心者が200記事書いても稼げません。

 

ブログで200記事書くと「5万円くらい稼げる」とか「20,000PV、20,000円」とか言われてますが、初心者がとりあえず200記事書いただけでは達成できません。

 

ちなみに、僕の200記事到達時点の収益とPVは以下の通り。

  • 収益:サーバー代は回収できる程度
  • PV:月間1万弱

かなり雑魚の部類です。

 

しかし、原因はだいたいわかっています。

それが以下。

  • 何も勉強せずに始めたこと(SEO・文章の書き方など)
  • アフィリエイトに力を入れなかったこと

「ブログはとりあえず100記事書け」という言葉を信じて、100記事目指してとりあえず走り出しました。

しかし、何も武器を持たずに走り始めてしまったため、ゴミ記事を量産してしまいました。

 

あとは、「アドセンスで稼げるだろ」という謎の考えで書いていたのが失敗でした。

よくよく調べれば、ブログで稼いでいる皆さんはアフィリエイトで稼いでますね。 

 

という経験を踏まえると、200記事でも稼ぐ方法はあるのかなと思います。

ブログで200記事書いて稼ぎたい方に、アドバイスを送ります。

次に解説します。

 

ブログで稼ぐには戦略が必要【稼ぐための戦略】

f:id:manochang:20190906004911j:plain

僕はとりあえず200記事書いても稼げませんでした。

しかし、前述したような稼げなかった理由などから、稼ぐための方法に気づきました。

ブログで200記事書いて稼ぎたい方は、以下のことを実践してみて下さい。

  • SEO・文章の書き方などを勉強してから始める
  • アフィリエイトをメインに収益化する
  • 収益性の高い記事を書く
  • ジャンルをある程度しぼる(3つくらい)

それぞれ解説します。

SEO・文章の書き方を勉強してから始める

SEOや文章の書き方を勉強してからブログ記事を書くことをおすすめします。

とりあえず行動することは大切ですが、無駄な行動は不毛だからです。

 

僕が稼げなかった理由の一つが、何も勉強せずにとりあえずブログを書き始めたことです。

そのため、最初の方の記事は圧倒的に質の低い記事を量産しました

 

ブログ初心者が最初から質の高い記事を書くことは不可能ですが、勉強することである程度のレベルからスタートはできます。

さらに、勉強をしているとダメなところにも気づきやすいです。

何も知識のない状態だと、「何がダメなのか?」に気づきません。

 

方法としては、本を読むのがてっとり早いです。

SEOと文章の書き方に関する本をそれぞれ1、2冊読めばOKです。

大量に読んでもだいたい同じことが書いてあります。

 

とはいえ、購入するのは嫌だという人もいるでしょうから、無料で読める方法を紹介しておきます。

Kindle Unlimitedを利用すれば、初回30日間は無料で電子書籍を読み放題です。

もちろん、SEOと文章の書き方に関する本も大量にあります。

SEO・文章の書き方を勉強する

Kindle Unlimitedを30日間無料で試す

アフィリエイトをメインに収益化する

ブログ初心者だと「クリックしたらお金が入るアドセンスの方が簡単に稼げるじゃん?」と思いがちですが、勘違いです。 

稼いでいるブロガー達は、アフィリエイト広告で稼いでいます。

 

理由は以下です。

  • アドセンス:1クリック 5〜20円
  • アフィリエイト:1件 1,000〜2,000円

金額はざっくりですが、要は単価が違うからです。

 

もちろんアドセンスは悪くないですが、そればかりに頼ると収益に限界があります。

ブログで稼ぎたいなら、アドセンスを張りつつも高単価なアフィリエイト収益を狙っていく方が効率的です。

あまりセールス性の高い記事は不信を招くのでおすすめしませんが、アフィリエイトをメインに構成していくといいでしょう。

 

まだ、ASPに登録していない方は登録しておきましょう。

ASPはたくさんありますが、以下の3つくらいで十分です。

おすすめのASPサイト

収益性の高い記事を書く

なるべく収益性の高い記事を書いた方が稼ぎやすくなります。

収益性の高い記事とは、広告単価の高いジャンルの記事のことです。

広告単価が高い方が効率的に稼ぐことができます。

 

例えば、以下です。

  • アドセンス:1クリック 5円より100円
  • アフィリエイト:1件 100円より1,000円

シンプルな考えです。

 

具体的に言うと「クレジットカード」とか「保険関係」のジャンルは広告単価が高いですが、ライバルが強力すぎるのでおすすめしません

基本的には自分の好きなジャンルで書いていって、その中で高単価を狙っていけばOKです。

 

僕がキーワード選定で使用しているツール「Ubersuggest」で狙っているキーワードを打ち込むと、そのキーワードのCPC(Google広告のクリック単価)のがわかります。

f:id:manochang:20190906094654j:plain

この数字が高いキーワードを狙っていくのがおすすめです。

ただし、この数字が正確かどうかは謎なのであくまで参考程度に。

ジャンルをある程度しぼる(3つくらい)

雑記ブログよりもジャンルを絞った特化ブログの方が稼ぎやすいと言われています。

それは、特化ブログの方が専門性が高く、Googleに評価されて検索上位表示されやすいためです。

 

なので、雑記ブログを書いている人もある程度はジャンルを絞った方がいいです。

できれば、3つくらいにしぼるのが理想的です。

 

なぜ僕なんかにそんなことが言えるかというと、神ブロガーのマナブさん@manabubannai)がブログとYouTubeでそう言っていたからです。

これでこの情報に信頼性が出ましたね。

 

まとめ:思考しつつブログを書くと稼げる

f:id:manochang:20190906004940j:plain

 「ブログ初心者が200記事書いても稼げません」というテーマで書きました。

とはいえ、200記事でも稼ぐ方法はありますので、稼ぎたい方は記事内で解説した【稼ぐための戦略】を参考にブログに挑んで下さい。

僕の失敗を上手に踏み台にしていただけたらと思います。

 

結論、何も考えずにブログを200記事書いても稼げません

しかし、戦略を立てつつブログを書くと、200記事でも稼げます

 

繰り返しですが、その戦略は以下の通り。

  • SEO・文章の書き方などを勉強してから始める
  • アフィリエイトをメインに収益化する
  • 収益性の高い記事を書く
  • ジャンルをある程度しぼる(3つくらい)

質の高い記事を量産しつつ、ブログを楽しんでいきましょう。

これは200記事を書いた時点での気づきですが、また300記事を書き上げた時には新たなことに気づいているはずなので、その時にまた書きます。

ブログの文字数は何文字が最適か?【SEOと文字数の関係】

f:id:manochang:20190905132014j:plain

こんにちは、マノアキラ(@AkiraMano)です。

ブログを200記事書いてコツを掴んできたので、ブログ初心者向けに記事を書きます。

 

先日の僕のツイートです。

ブログ記事は長文だと情報量がたくさんだけど、読むのがしんどい。
2,000〜3,000文字くらいが読み手には優しいと感じます。

「この記事長いな…」
と感じると、一気に読む気が失せるんですよね。

僕が検索1位を取れてる記事も2,500文字くらいだし、SEO的にもそのくらいで大丈夫。

あと書くのが楽。

今回は、上記を深掘りしたテーマです。

「ブログを始めたけど、何文字くらい書けばいいの?」

「Googleの検索順位と文字数は関係あり?」

この記事では、こんな疑問を解決します。

ブログ初心者向けに、「ブログの文字数は何文字が最適か?」というテーマで解説していきます。

 

ブログの文字数は何文字が最適か?

f:id:manochang:20190905132025j:plain

結論、「何文字でもいいけど2,000〜3,000文字くらいが読み手には優しい」です。

要は、短すぎず長すぎない文字数が最適ということです。

  • 短すぎる文章 → 情報量が少ない
  • 長すぎる文章 → 読むのがめんどくさい

このようになり、両方とも好ましくありません。

情報量もあって、読みやすい文字数が2,000〜3,000文字といった感じです。

 

「何文字でもいいけど」と書いたのは、「ブログは好きに書けばいいから」というのもひとつあります。

しかし、せっかくブログをやっているのであれば、人に読まれたいですよね?

ならば、読者にやさしい文章を書く方がいいです

 

「何文字でもいいけど」と書いたもう一つの理由は、読者のためになれば何文字でもOKということです。

例え短い文章でも、読者に有益であれば問題ありません。

 

とはいえ、「文字数が少なくても検索で上位表示できるの?」という疑問もあります。

SEOと文字数の関係は次に解説します。

SEOと文字数の関係

f:id:manochang:20190905132034j:plain

SEOと文字数に直接的な関係はありません。

なぜなら、1,000〜1,500文字程度の記事でも検索1位を取っているからです。

大切なのは文字数を増やすことではなく、読者の悩みを解決することです。

 

例えば、以下の2つ。

① 1万文字でも読者のためにならない記事

② 1,000文字でも読者のためになる記事

この2つで評価されるのは「② 1,000文字でも読者のためになる記事」です。

つまり、検索上位表示されるには、文字数を稼ぐよりも記事の質が大切だということです。

 

とはいえ、検索上表示されている記事に文字数が多い記事があるのは事実です。

その理由は次に解説します。

読者の悩みを解決するには文字数が必要

f:id:manochang:20190905132043j:plain

こちらのツイートをご覧下さい。

ブログ始めたての頃は2,000文字書くのもしんどかったけど、今は書いていると3,000文字以上は余裕でいってしまいます。

これは読者が求めている情報を書き始めたからです。
自分の書きたいことだけだとすぐに文字数の限界が。

今は逆に文字数を抑えることを意識。
長すぎるのは読む方も辛いかと。

上記の通りです。

読者の悩みを解決しようと思うと、ある程度の文字数が必要です。

内容によりますが、読者の悩みを解決しようすると2,000文字とかは余裕でいきます。

 

例えば、この記事は「ブログ 文字数」で検索する人の悩みを解決するために書いています。

となると、「最適な文字数は?」「文字数が少なくてもSEOは大丈夫か?」などの情報を網羅していくことになります。

網羅していくと、文字数は自然と決まってきます。

 

注意点として、無駄な情報まで詰め込んでしまうと「長すぎて読むのがめんどくさい...」という思考になり、離脱率が高まります

網羅しすぎて文章が長すぎるのも問題です。

 

大切なのは、読者が何を求めているのかを考えることです。

読者の悩みを解決できれば、文字数は少なくてもOKです。

 

まとめ:文字数は気にする必要なし

f:id:manochang:20190905132052j:plain

ブログ初心者向けに、「ブログの文字数は何文字が最適か?」というテーマで解説しました。

文字数に悩んでいるブログ初心者は参考にして下さい。

 

「何文字くらい書こうかな?」という思考は捨てた方がいいです。

「読者の悩みを解決すること」、これに尽きます。

これができれば文字数は何文字でもOKです。

 

せっかくブログを始めたなら読んでもらう方が楽しいですので、読み手にやさしい文章を目指していきましょう。

POINT!
  • 文字数は2,000 〜3,000くらいが最適!
  • 文字数よりも読者の悩みを解決すること!

ちなみにこの記事は、2,401文字でした。